2、小型パイプ式マイクロ波連続加熱成型装置

外部の熱源を使わず、加熱調理と成形を同時に行える。

従来の大型装置市場から装置を小型化する事で精肉店、スーパー、厨房のある施設(老人ホーム・ゴルフ場・道の駅など)などに展開できます。

※特徴

・マイクロ波は食品そのものを熱エネルギーに変換します。そのため熱処理が早く、しかもボイル処理と比べ歩留まりがよく、素材のうま味を逃しません。

・電波の浸透性がよいため、食品の表面も内部も同時に加熱されます。そのため、殺菌効果が大きく衛生的です。

・成形素材のケーシング資材を使用しませんので、健康問題や廃棄物処理の環境問題がありません。

・皮なしウィンナー・アメリカンドッグ・かまぼこ・キャラクター食品など、成形ノズルの交換で自由な形状に加工できます。

 

★型式

型番 マイクロ波出力 生産量/h 外形寸法
SCQ-3 3kW(1.5KW×2台) 60㎏/h W700×L800×H1500
SCQ-4.5 4.5kW(1.5KW×3台) 90㎏/h W1000×L1440×H1500
SCQ-9 9kW(1.5KW×6台) 200㎏/h W1000×L2000×H1950
SCQ-12 12kW(1.5KW×8台) 280㎏/h W1000×L2540×H1950
2020年10月20日